意外な変化を楽しめる自動運転

運送業もスムーズに変化する

配送業者の勤務環境に影響

現在の物流を支えている1つが配送業です。各家庭への配達だけでなく業者間の配送から海外輸送まで、多くの物流を配送業が支えています。物流の重要な要である配送業ですが、その勤務環境は大変過酷。朝早くから夜遅くまで運転と配達を繰り返しています。身体への負担はもとより常に大型車両を運転する等、高い集中力を必要とするため苦労の絶えない業務であり、過酷な勤務を危惧して人材が減少しているのも実情なのです。
車の自動運転技術が進むことでこうした配送業者の負担軽減を図ることができます。運転や配達先の確認は自動運転技術に任せ、到着後の荷物配達のみを人の手で行うことになればその分負担は減少し、荷物管理に充てることも可能。適切な荷物管理が可能となれば今よりも高品質な配送もできるかもしれません。

スムーズな物流で生活が楽しく

配送業者の業務負担が軽減するだけではありません。自動運転技術では情報通信を活用して迅速かつ適切な移動を可能とします。例えば道中でふいに出くわす工事や事故による交通渋滞。それがきっかけで配達時間が遅れるといったトラブルは多々生じていますが、このトラブルも回避することが可能となるのです。事前に情報通信を活用して渋滞予測を行う。これにより交通網の円滑な環境維持を図ることが出来るため、時間通りに配達することも可能となります。
常に物流が円滑に進むと、いつでも欲しいものが手に出来る環境を維持することができます。円滑な物流環境は商品の品薄などの問題を回避し、常に安定した需要と供給のバランスを維持できます。
欲しいと思ったものをいつでも手にすることが出来る。私たちの生活の安定を図ることができるようになります。


TOPへ戻る