意外な変化を楽しめる自動運転

生活を含め社会の変化が予想される車の自動運転技術

高齢者の移動手段を確保できる

車の自動運転技術はまだまだ進歩の中にあります。国土交通省の目指す自動運転技術では、まだまだ運転者を必要とする自動運転技術の進化が提唱されています。しかしこの技術の進歩は近い将来に、運転者を必要としない完全な自動運転技術が確立されることも夢ではないといえるほど。
自動運転技術が向上して、完全な自動運転が出来る社会になれば、これまで高齢を理由に運転免許証を返納していた高齢者も運転を諦めずに済みます。とくに過疎地域では車両は多くの住民の重要な足となるもの。生活用品を購入することはもちろん、ちょっとした外出さえ車が必要になる環境は日本国内どこにも存在しています。高齢を理由に免許証を返納すればその移動手段は絶たれてしまう。
車の自動運転技術の進歩によって、高齢者から車を奪わず日々を楽しむ環境維持が可能となるのです。

運転を諦めていた人たちも

高齢者だけではありません。これまで様々な理由から車の運転を諦めざるを得なかった人も多くいます。
そもそも自動車の運転では、認知、判断、操作といった動作が必要とされています。このどれかが欠けても、またどれかに問題があった場合にも車の運転はできないとされてきました。認知するための視覚に問題があれば運転はできず、判断するための意識がなければ免許証を受験することも、そして操作するための動作が出来ない場合も同様に車の運転はできませんでした。
こうした方々でも、車の自動運転技術によって自分で運転せずとも車を利用することが出来るようになるのです。介助者を必要とせず、AIとのやり取りだけで1人で行動する機会も増えるかもしれません。どんな人もそれぞれが自分の意思で自立した生活を営むことが出来るようになるきっかけとなり得るのです。


TOPへ戻る